化学科

実験の繰り返しの中に新たな発見がある

化学は自然界のさまざまな現象や、
暮らしの中に存在する物質に注目する発見と創造の学問。
化学の原理と伝統的な手法を土台として実験による試行錯誤を繰り返しつつ、
新しい発想や発見ができる柔軟な頭脳を育てます。


専門科目

【有機化学】【無機化学】【物理化学】【分析化学】
【構造化学】【高分子化学】【環境地球化学】
【エネルギー化学】【化学英語】

「自分の手を動かして確かめ・基礎に立ち戻って考える教育」そこから生まれる発見力や創造力・応用力の強さは過去の卒業生で実証されています。

大好きな実験を少人数で行える、恵まれた環境。

化学科3年生

高校で化学が大好きな先生に出会い、楽しい授業を受けているうちに化学に興味を持つようになりました。また、実験が好きだったため、設備が整った環境で実験をしたいと思ったことが化学科を選択した主な理由です。進路に迷っていた時、化学科の研究内容などを調べていると、意外にも物理や生物など他分野とも深く関わっていることがわかり、幅広く学べると思ったことも化学科を選択した理由です。

入学後は、基礎的な知識を学ぶ1年生の時に比べ、2年生は更に化学を深く学べるため、モチベーションが上がりました。また2年生からは実験する機会も増えたので、楽しく充実した毎日を送りました。

実験だけでなく、授業も50人程度という少なさで受けられるので、まるで高校のような雰囲気だと思うことがあります。質問もしやすく、恵まれた環境で学べるのは大きな魅力だと感じています。

4年生からは研究室に配属されるため、一つのテーマについて深く学び、実験していきたいです。今までは、決められた手順に従って試薬を加えたり、操作を行っていましたが、これからは手順から自分で考え、実験を行えるようにしたいです。またそのためには、多くの専門的な知識が必要なので、さらに勉強を頑張っていきたいと思っています。

世界で初めて得られたデータを、最初に見られる瞬間。

化学専攻 博士後期課程1年生

現在、大学院で深共融溶媒の研究を行っています。このテーマに興味をもったきっかけは、高等科の化学部で行った食塩を800℃まで加熱して液体にする実験です。液体の食塩は構成粒子がイオンのみであり、イオンが動きまわる溶融塩と呼ばれる状態となっています。この実験が印象に残っていたことから、常温の溶融塩であるイオン液体にまず興味を持ち、その類似物質である深共融溶媒に興味を持つようになりました。

深共融溶媒は、未だ基礎研究段階にあるため身近には使われていません。将来的には有機合成や金属仕上げなどへの利用が期待されています。一方、レーザーによる分光分析は製品を破壊せずにその純度や状態を検査することなどに、現在も既に使用されています。

大学院に進学してよかったと思う点は、国内外の学会発表や若手研究者の交流会など、お互いの研究について意見交換する場に数多く関われることです。また世界で初めて得られたデータを最初に見られることもあり、やりがいを感じています。

世界でまだ誰も実施したことのない研究を行い、その成果を外部に発信する機会が大幅に増える点が大学院の魅力だと思います。

今も役に立つ、世界中の研究者と触れ合えた経験。

化学科 卒業生

現在、花王株式会社でヘアケア商品の開発をしています。商品の立案を行い、設計〜生産までの管理、デザイナーとのパッケージの相談やサプライヤーさんとの打ち合わせ等、とにかく社内で様々な部署とコミュニケーションをとり、仕事をしています。

学習院の研究室にいた頃、研究でこもり続けるのではなく、人とコミュニケーションをとる機会を先生方に沢山与えていただきました。他大学とのシンポジウムや国際学会にも積極的に参加しましたが、中でも思い出に残っているのはフィレンツェの国際学会です。先生方や研究室のメンバーと共に、素晴らしい景色の中で、世界中の研究者とふれあえたことはとてもいい思い出です。あの頃の、多様な人とコミュニケーションをとることができた経験が、今も仕事に役立っていると感じています。

  • 2007年3月 学習院大学化学科 卒業
  • 2009年3月 学習院大学大学院 自然科学研究科 前期課程修了
  • 2009年4月 株式会社ノエビア 入社
    滋賀研究所 2年半メイクアップ・スキンケアの処方開発
    神戸本社 商品企画 2年間 主にメイクアップの商品企画
    滋賀研究所 約半年 スキンケア商品の処方開発
  • 2014年9月 花王株式会社 入社
    ヘルス&ビューティケア商品開発センター
    ヘアケア商品開発部
化学科/教員紹介DEPARTMENT OF CHEMISTRY
  • 秋山 隆彦
    アキヤマ タカヒコ秋山 隆彦教授[有機合成化学]
     
    「触媒」と聞いて、何を思い浮かべますか?触媒は、金属錯体だけではありません。秋山教授は、優れた触媒作用を示す有機小分子を見出し、新しい「有機分子触媒」として注目を集めている。秋山研究室では、高い選択性を示す優れた触媒をデザインし、有害物質を用いない地球環境にやさしい有機合成反応の開発に情熱を傾けている。「日夜フラスコに夢を託し、予想もしない新たな反応が進行するのをわくわくしながら待ち構えているんだ。医薬品・農薬 などの生理活性を持つ有機化合物の合成も簡単だよ!」と秋山教授は楽しそうに語る。日本化学会学術賞、有機合成化学協会第一三共・創薬有機化学賞、名古屋シルバーメダル、アメリカ化学会Arthur.C.Cope Scholar Award、フンボルト賞、有機合成化学協会賞を受賞
  • 稲熊 宜之
    イナグマ ヨシユキ稲熊 宜之教授[無機化学・無機固体化学]
     
    無機化学はすべての元素を対象にする学問である。人間が個性をもち、環境に大きく影響されるように、各元素も個性をもち、その組み合わせによって生じる物質はさまざまな性質を示す。稲熊教授は、これまで酸化物を中心にさまざまな新規物質を合成し、その構成元素、結晶構造、化学結合性、物性の相関を明らかにしてきた。特にリチウムイオン伝導性酸化物に関する研究は国内外で注目を集めている。学生とともに想像力と叡智を結集して、鉱脈を探す山師さながら新規物質の探索に励んでいる。日本セラミックス協会学術賞を受賞
  • 岩田 耕一
    イワタ コウイチ岩田 耕一教授[物理化学・分光学]
     
    「フラスコの中の分子たちは、1秒間に10兆回ぶつかっています」とニコニコ話す岩田教授。化学反応が起こる様子を観測してその仕組みを分子レベルで解き明かすために、10兆分の1秒ごとに測定ができる分光装置を作ってしまうらしい。これまでに、世界最高の性能をもつ分光測定装置をいくつか作ったことがあるという。「物理化学の研究では、自由な想像と定量的な考察の両方を楽しめます」、「世界中の研究者仲間との付き合いが何よりも楽しくて刺激的です」と、本当に研究が好きな様子。家庭では、職業をもつ奥さまと二人三脚で奮闘するよきパパでもある。日本分光学会論文賞、日本分光学会 学会賞を受賞
  • 大野 剛
    オオノ タケシ大野 剛教授[環境地球化学・分析化学]
     
    “我々はどこから来たのか、我々は何者か、我々はどこへいくのか” 誰しも一度は持つ根源的な問いではないだろうか。私たちの住む地球がどのようにでき、生命がどのような環境で進化してきたのかを解き明かすため、大野教授は最先端の分析化学を駆使し、学生とともに研究に取り組んでいる。国際的な共同研究により、研究室には世界各地から太古の岩石が運び込まれる。これらの岩石を元素ごとに分離し、さらに高精度質量分析計で同位体ごとに検出することにより、岩石がいつできたのか、どのような環境でできたのかがわかるという。また、最近ではこの質量分析計は福島原発事故に関連する環境放射能研究にも役立っている。
  • 狩野 直和
    カノウ ナオカズ狩野 直和教授[有機元素化学]
     
    18世紀末頃までは有機化合物をつくるためには「生命の力」が不可欠であると考えられていたが、現代では化学者が神の手を操るかのように結合を組み替えられるようになり、自然界には元々存在しない新しい化合物までも作れるようになった。狩野研究室では元素の周期表で右側にある元素を巧みに使いこなして、新しい構造をもつ化合物を創り出す研究が行われている。通常は不安定で存在できないような分子でも、工夫次第で合成できるそうだ。元素の特性を上手く引き出すと、分子がキラキラと光ることもあるという。新しい化合物を作るだけでは飽きたらず、結合の新種までも創りだしている。文部大臣表彰若手科学者賞、ケイ素化学協会奨励賞を受賞
  • 草間 博之
    クサマ ヒロユキ草間 博之教授[有機反応化学]
     
    普段あまり気に留めないかもしれないが、現代の豊かな生活は、医薬品等の生理活性物質や機能性材料などをはじめとする様々な有機化合物に支えられて成り立っている。草間教授はそのような有機化合物を化学合成する際に役立つ、新しい反応の開発を目的として日々研究に励んでいる。例えば、多段階の工程を要していた分子変換を単段階で実現する反応や、これまで知られていない全く新しい形式の反応を、光や金属触媒の作用を巧みに活かすことで実現しようとしている。複雑な構造をもつ有用化合物が、「草間反応」を駆使するだけで簡単に合成できる日が来るかもしれない。有機合成化学協会奨励賞を受賞
  • 糀谷 浩
    コウジタニ ヒロシ糀谷 浩准教授[無機化学・地球化学]
     
    太陽系小惑星にサンプルを取りに行けるようになった現在においても、我々が住む地球の深部を構成している物質を直接採取することはできない。それは、地球内部が超高圧高温の世界であることによる。「地球の中はどうなっているのだろう?」この疑問に対し実験的な方法からのアプローチにより研究を行っているのが糀谷研究室である。地球深部を構成していると考えられているケイ酸塩や酸化物などについて、大型プレス装置を用いた高圧高温実験を行ったり、結晶構造や熱振動などの原子スケールでのふるまいを知ることにより、海洋プレートの沈み込みやマントル対流などの大きなスケールの現象を読み解いていく。日本鉱物科学会賞を受賞
  • 河野 淳也
    コウノ ジュンヤ河野 淳也教授[物理化学]
     
    溶液反応は、化学合成などの分野において広く利用され、生体中でも重要な役割を果たすにもかかわらず、その分子レベルでの詳細は容易に解明されない大問題である。河野教授は、液体を真空中に導入する特殊な方法を用いて溶液中の分子を気相中に取り出し、溶液反応の微視的解明に取り組んできた。溶液表面で起こる化学反応の機構解明などの研究成果を生み出した実験装置は、手巻きのコイルなどが接続された手作りの装置であり、アイデアと愛情がこもっている。世界に2つとない装置を駆使して極微量の液体の反応をレーザー分光や質量分析により観測しながら、溶液とは何かについて考えている。日本化学会進歩賞を受賞
  • 齊藤 結花
    サイトウ ユイカ齊藤 結花教授[物理化学]
     
    微小な対象物を観察する方法といえば、電子顕微鏡や走査プローブ顕微鏡を思いうかべるかもしれないが、可視光をつかうと私たちが肉眼で顕微鏡を覗いて”見る”のと同じカラフルな画像を得ることができる。齊藤研究室では従来の光学顕微鏡を拡張して、ナノメートルという微小な空間分解能で試料を観察する先端技術を開発し、ナノ空間における光と電子の相互作用や、構造の隠れた不均一性を検出する研究をしている。見ることは信じること!自然科学のこの基本に忠実に研究をすすめていくことは、知的好奇心と感性の両方を満たしてくれる。日本分光学会奨励賞を受賞