生命科学科

生命の謎を解き明かす現代の学問

2009年より設置。生命科学の中心となる分子細胞生物学を主軸とし、タンパク質の構造、
酵素の構造機能、DNA修復機構、アルツハイマー病の原因、ミトコンドリアの機能、植物ホルモンのはたらき、
ショウジョウバエの老化、カイコの食性進化などを研究しています。この新学科で「知の興奮」を体験してください。


専門科目

【生化学】【動物科学】【植物科学】【発生生物学】
【野外生命科学】
【生命科学演習】【生物物理化学】
【分子細胞生物学】
【生命科学研究法】

生命科学分野の研究成果は、医療や創薬などに貢献する可能性が
大きいことから、社会による関心と期待も日々高まりつつあります。

1年越しの入学式で、同学科の仲間に会えた喜び。

生命科学科2年生

高校生の頃、生物の授業に1番興味を惹かれ、より専門的に学びたいと思い、生命科学科に入りました。

1年生では生物を始めとした物理、数学、化学などの基礎的な理系科目とプログラミングなどの情報系、第2言語など幅広く多くのことを学びました。2年では1年に比べて、より生物に関係する講義が多くなりました。実験で遺伝子組換えを行ったり、パソコンを用いた解析をしたり、より専門的な内容になっています。講義をしっかり聞き、資料を読めば理解できるものが多かったのですが、中には難しい講義もありました。難しい講義では、何度か教授に質問しその都度、疑問を解決しました。

私たちはコロナ禍で、1年間大学で講義を受けることができませんでした。1年越しで行われた入学式で、名前だけ知っている同学科の人たちに初めて会えた時は、本当に嬉しかったです。2年になり対面授業も増えたことで友人も増え、今は楽しい毎日を過ごしています。

学習院のキャンパスは都会にも関わらず緑が豊かです。実際に自分で植物の葉やコケなどを採集し、それらの観察や遺伝子解析などの実験も行いました。また、キャンパスが1つなので文系の学科の人たちとの交流もしやすく、視野が広がります。

身近な病気の治療法確立にもつながる、貴重な研究。

生命科学専攻 博士前期課程1年生

現在、ビールやパンに使われる酵母細胞を用いて、紫外線による損傷量に応じた損傷応答経路について研究しています。DNA損傷が引き起こされる紫外線環境下では、細胞増殖に必要な複数の修復経路が互いに連携することで、損傷量の変化に対応していると考えられています。しかし、その詳細なメカニズムは不明な点が多くあるため、新たな実験系を構築し解析を行っているのです。

高校生の時、身近な人が癌で亡くなったことがきっかけで、生物学に興味を持つようになりました。学習院大学入学後は、私たちの生活に身近な紫外線によって、皮膚癌や老化が起こることに興味を持ち、現在の研究テーマを選びました。

酵母細胞とヒトは、同じ真核生物に属し、共通している遺伝子が多く存在しています。そのため、酵母細胞を用いた、発がんや老化に関与する遺伝子の解析結果が、我々に身近な病気の治療法確立に役立つことが期待されているのです。

学科全員の顔と名前がわかる少人数制という環境、一歩外に出れば、多種多様な文系学科の学生と交流できる環境はとても魅力的です。少しでも興味がある方は是非一度、オープンキャンパスなどに足を運んでみてください!

大学時代の知識と仲間が、何よりの財産。

生命科学科 卒業生

現在は、化粧品メーカーで広報をしています。

自社の商品やブランドに関して、多くの方々に認知いただき、さらにファン獲得のため、SNS、Web、テレビ、雑誌等のあらゆるメディアを通じてPRをしています。

今、世の中にたくさんの化粧品が溢れている中自社商品ならではの独自成分や開発技術、背景をしっかりと引き立たせ、詳細までわかりやすく伝えることが重要です。それには、科学的知識が必要です。

最近では、幹細胞培養液配合美容液を発売しました。幹細胞の性質、働きに関して理解するのにあたり、大学時代に学んだ分子細胞生物学、発生生物学、動物科学等の専門的知識が活かされています。

生命科学科は少人数で、学科全体がクラスメイトのような環境でした。授業で得られた知識だけでなく、信頼し合える大切な仲間が出来、この出会いが今もかけがえのない財産となっています。

  • 2014年3月学習院大学 理学部 生命科学科 卒業
  • 2014年4月株式会社ドクターシーラボ入社
    マーケティング本部 広報グループ
    マーケティング本部 通信販売企画グループ
    通信販売部 第2編集グループ
    宣伝部 広報グループ
    (役員直下)広報グループ
生命科学科/教員紹介DEPARTMENT OF LIFE SCIENCE
  • 安達 卓
    アダチ タカシ安達 卓教授[動物生理学]
     
    安達教授の扱う生物材料は幅広い。遺伝学の研究で有名な小型のハエ=ショウジョウバエが中心であるが、他にも、長い棒の先に眼が付いたシュモクバエや、誰もが顔をそむける臭いカメムシまで、貴重な研究材料として大事に扱われる。けれども、ゲテモノ趣味なのかというと、そういう見方は間違っているらしい。なぜなら、他の生き物から見れば、人間こそが最大の風変わりな生き物だからだ。生物のもつ普遍的性質を知るには、ヒト中心の視点から脱却してどこまでも客観性を追求すべきであり、そのためには、どんなにムシがヒトと違って見えても、ヒトとの間に仕切りを作らないだけなのである。
  • 岡田 哲二
    オカダ テツジ岡田 哲二教授[構造生物学]
     
    ヒトの体内で働くタンパク質の約3割は、脂質二重膜の中に埋もれて存在する膜タンパク質である。水溶性のタンパク質と比べると膜タンパク質は研究が難しく、構造も機能も未だ多くの謎に包まれている。岡田教授は、われわれの視覚の鍵を握る膜タンパク質・ロドプシンの構造を初めて決定したことで世界的に知られる構造生物学の研究者だ。全身全霊をこめて最も困難なテーマに挑みつづける姿勢でつねに周囲をうならせてきた。新たな研究室では、X線回折や分光測定を駆使して、情報伝達に関わる膜タンパク質の構造と機能発現のメカニズムの解明をめざす。Thomson Scientific Research Front Award 2004、文部科学大臣表彰科学技術賞(研究部門)を受賞
  • 清末 知宏
    キヨスエ トモヒロ清末 知宏教授[植物分子生理学]
     
    「研究を通じて養われる思考力と行動力、いわゆる問題解決能力は、社会に出てからも重要。一人ひとりの個性を互いに尊重し合い一緒に研究することで、学生とWin-Winの関係を築きたい」と話す清末教授。生命科学科で唯一植物を扱う研究室の教授だ。モデル植物シロイヌナズナのLOV光受容体の基礎研究と応用研究を展開。LOV光受容体LKP2とZTLが、短日条件での花芽形成を抑制していることを突き止めた。「研究は攻略本のないロールプレイングゲーム、知的な冒険」と語るその瞳には、未知への挑戦、ロマンを追い求める熱い情熱と輝きがある。日本植物細胞分子生物学会奨励賞を受賞
  • 嶋田 透
    シマダ トオル嶋田 透教授[生物遺伝資源学]
     
    嶋田教授は、日本の伝統的な生物遺伝資源であるカイコおよび近縁蛾類のゲノム研究の第一人者だ。変異体や地理的系統などを利用して、胚子、幼虫、蛹(繭)、成虫の各段階における形態、生理、行動、生体防御などを支配する遺伝子を解明している。特に、カイコの祖先がクワを唯一の寄主植物として利用するようになった理由など、長い時間をかけた生物進化と、人類による家畜化の機構を明らかにしようとしている。また、研究成果の産業への応用にも関心がある。「学生には、まずは実験や研究を楽しんでほしい。また、研究の過程を通して、社会で活躍するための力を得てほしい。」と話す。日本蚕糸学会賞を受賞
  • 高島 明彦
    タカシマ アキヒコ高島 明彦教授[神経生物学]
     
    高島教授はアルツハイマー病の世界的な基礎研究者だ。大学生になって真っ先に「脳のことを知りたい」と思われたそうだ。アルツハイマー病は加齢と共に罹患率が増え、病気になると本人はもとより家族の負担も大きい。2025年までにこの病気を克服するとの宣言がG7でなされ、世界中で治療法の研究が行われている。高島教授は微小管結合蛋白質の一つであるタウに注目して研究を進めている。「認知症の治療は近い将来可能になるでしょう。でも、まだまだ脳が老化して行くのを止めなければなりません。」自分の脳を知り、老化を防ぐ研究を一緒に行ってくれる学生を大募集中だ!!Neuroscience Research Excellent Paper Awardを受賞
  • 菱田 卓
    ヒシダ タカシ菱田 卓教授[分子生物学]
     
    菱田教授は、少し髭を生やされてよく通るお声で話をされ、いつも洗練された講義資料を用意してくださる、いかにも研究と教育へのエネルギーが充実した先生だ。生命の設計図を担っているDNAが傷つけられてしまったとき、生物はどうやって正しい設計図をコピーするのか?数十億年の進化を経て編み出された驚くべき「損傷ストレス耐性機構」を解明するため、菱田教授は酵母や大腸菌を用いて慢性的な損傷ストレス環境を再現する独創的な実験系を開発した。ゲノム不安定性に起因する疾患の治療という未来をも夢に描きながら、メンバーが「楽しく、しかし、真剣に」研究に取り組める研究室を立ち上げたいと語る。日本遺伝学会奨励賞を受賞
  • 柳 茂
    ヤナギ シゲル柳 茂教授[分子生化学]
     
    ミトコンドリアの機能が低下すると、酸化ストレスが増加し、神経変性疾患や心臓疾患など様々な老化に関連した病気を誘発することが知られている。柳教授は、ミトコンドリアの形態と機能を調節する酵素MITOLを世界に先駆けて発見し、MITOLの活性低下が様々な病態に関連していることを示した。MITOL研究を通して、病態の解明と共に、病気の治療に向けてミトコンドリア機能を活性化する薬剤の開発に取り組んでいる。すでに製薬企業との共同研究により、MITOLの機能を調節する薬剤の同定に成功しており、アンチエイジング化粧品として商品開発が進んでいるとのこと。今後の活躍が期待される。日本生化学会奨励賞を受賞

※上記7名と西坂 崇之教授(物理学科)が大学院・生命科学専攻のメンバーです。
※2023年度より新たに1名の教員が着任予定